プログラミング素人のはてなブログ

技術屋の末端。プログラミングも電気回路も専門外です。 コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 VC#、python3、ラズパイ始めました。

レシート登録でTポイントが貯まる「レシーカ」当選しました

レシーカとはTポイントで有名な、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、CCCマーケティング株式会社が運営するサービスで、レシートを登録するだけで、Tポイントが貯まるというものです。

レシートでお金がもらえるサービスとしては、リリースから16時間でサービスを停止した「ONE」というものがありました。
www.businessinsider.jp
「ONE」は一枚10円ですが、これに比べると「レシーカ」は一枚1ポイント(1円相当)で、エントリーを制限していることで成立させているようです。

利用にはこちらからエントリーし、当選する必要があります。
tsite.jp

私はTポイントのたまる「答えてお得なQ&Aメール」から知って、エントリーしていたのだと思います。たぶん…。

当選するとメールで連絡がきて、専用スマホアプリでログインします。ログインにはTポイントカードが紐ついたYahooアカウントが必要です。

使い方

レシートの登録はアプリからカメラを起動して写真を撮るだけです。
f:id:s51517765:20190203184415p:plain

読み取りが間違っている場合は手動で修正も出来るようです。
日付と買い物した店舗は必ず入力する必要があり、読み取れない場合は手動で入力が求められます。
f:id:s51517765:20190203183039p:plain

レシートの日付が自動的に読み取られて、買い物日基準でカウントされるようです。
2月2日までで3日分(うち一日は2枚)を登録し4ポイントがついています。(1日に3枚まで)
2月1日からのスタートですが、常時1週間分を遡って登録することができるので、手元に残っていたレシートを使って4日分のポイントとなっています。
f:id:s51517765:20190203182950p:plain

読み取った商品については手動ですが、カテゴリを設定するとカテゴリごとに集計されます。
家計簿代わりにもなりますよ、ということのようです。
f:id:s51517765:20190203183241p:plain

参考に、アプリを初回立ち上げたときに表示されるチュートリアルを載せておきます。
手間の見積もりの参考までに。
f:id:s51517765:20190203184604p:plain
f:id:s51517765:20190203184613p:plain
f:id:s51517765:20190203184616p:plain
f:id:s51517765:20190203184620p:plain
f:id:s51517765:20190203184641p:plain
f:id:s51517765:20190203184648p:plain
f:id:s51517765:20190203184659p:plain

まとめ

レシートを登録することでTポイントがたまる「レシーカ」を使い始めました。
最大貯まるポイントは、月間31日とすると1ポイント×3枚×31日と月間20回以上の登録でつくボーナス10ポイントで103ポイントです。
「どこの店でどんなものを購入したか」ということが捕捉されるので、個人情報がががが…という人には向かないでしょうが、Tポイントを集めている時点で個人情報は取られているものと思っていますので、いまさら…という感じです。
また、買い物の範疇には入らない外食もカウント対象です。
レシートの登録がどのようにポイント(お金)に変わるかというと、買い物データを個人別、地域別で統計情報にして販売しているのでしょう。

過去の買い物データが日付別、カテゴリ別で集計されるので家計簿としての役割は便利だと思います。
(細かい読み取りErrorは仕方ないとして)

技術的な観点からは「今時はOCRの精度がかなり上がっている」と感じました。