プログラミング素人のはてなブログ

プログラミングも電気回路も専門外の技術屋の末端が勉強したことや作品をアウトプットするブログ。コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 C#、python3、ラズパイなど。

サントリー白州蒸留所ツアーへ行ってきた。

大人の社会科見学です。
山梨県サントリー白州蒸留所へ行ってきました。
www.suntory.co.jp

都内からは新宿からJR特急「あずさ」で小淵沢(こぶちさわ)まで2時間ちょっとです。
夏休み時期ということもあり、電車は満席で予約必須です。
小淵沢(こぶちさわ)駅からはシャトルバスが出ていますが、ツアーの時間がギリギリだった(ギリギリになる「あずさ」しか取れなかった)ので、駅からタクシーを使いました。
タクシーでも2000円くらいです。
たまたま乗ったタクシーがPayPay対応でした。
f:id:s51517765:20190824110708p:plain
ホームページでは予約したツアーの回の開始15分前には受付するようにと書かれていますが、実際には5分前でもなんとかなりそうな雰囲気です。
入場料、1人1000円を払って受付をします。
f:id:s51517765:20190824110737j:plain
ツアーにはお酒が提供されるので、ここまでの交通を何を使って来たか、の確認がされます。ドライバーの方やお子さんも参加可能です、もちろんお酒の試飲は出来ませんが。
f:id:s51517765:20190824110351j:plain
自然が豊かなところです。
f:id:s51517765:20190824110436j:plain
場内へ入っていきます。
f:id:s51517765:20190824110512j:plain
f:id:s51517765:20190824110934j:plain

ツアーの始まり。
f:id:s51517765:20190824111019j:plain
麦芽に水を加えて麦汁を作ります。
f:id:s51517765:20190824111032j:plain
発酵エリアは気温・湿度高め。
f:id:s51517765:20190824111045j:plain
蒸留工程によっても味が変わり、いくつかの種類を混ぜて製品の味を作るそうです。
f:id:s51517765:20190824111048j:plain
樽の原木。
f:id:s51517765:20190824111050j:plain
f:id:s51517765:20190824111053j:plain

熟成中はその樽は移動させたりはしないそうです。
熟成庫はアルコールのにおいがかなりしますので、お酒の苦手な方はきついかも。
f:id:s51517765:20190824111115j:plainf:id:s51517765:20190824111120j:plain
寝かせているうちに3割ほどが蒸発してなくなってしまうとか。「天使の分け前(Angels' share)」と呼び「人間にウイスキーづくりを教えた天使が、その見返りとして、少しずつウイスキーを味見しているのだ」と伝えられたと言われる。
左が赤っぽいのに対して右は黒みがかって濃くなっているのだが光の具合で色が見えない…
f:id:s51517765:20190824111112j:plain
工場見学が終わると、試飲です。
f:id:s51517765:20190824111148j:plainf:id:s51517765:20190824111219j:plainf:id:s51517765:20190824111221j:plainf:id:s51517765:20190824111233j:plain
これぐらいにしてソーダを一杯にするのがサントリーの推奨。
f:id:s51517765:20190824111236j:plain
f:id:s51517765:20190824112218j:plain
おみやげを買って終了。
f:id:s51517765:20190824111258j:plain

まとめ

サントリー白州蒸留所ツアーを(雑に)紹介しました。
お酒が苦手な方でも化学を体験できるレジャーだと思います。