読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング素人のArduino

技術屋の末端。プログラミングは専門外。 電気回路も専門外です。 コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 VC#始めました。

Arduinoで流していい最大電流は?

先の記事ではとりあえずLEDを光らせてみましたが、電気回路には最大の電流値が決まっており、これを超えると回路が壊れたり、LEDなら焼けて、同じく壊れたり増します。

Arduinoの場合は出力Pinあたり20mAだそうです。

13 pinは5Vの電圧が出ています。

また、LEDはVfといって、最大に印加していい電圧があります。

LEDのVfはデータシートを確認します。

データシートとは取説のようなもので、製品に同梱されているか、なければネットで調べます。

今回は製品と一緒に部品表がはいっており、これに書かれていました。

Vf=2Vだそうです。

ようするに、今回の場合は

 Arduinoから5Vを出力する

 一方、LEDには2Vを印加したい

 また、Arduinoは20mA以下で使う

というようになります。

つまり、抵抗を使って電圧を調整する必要があります。

ではLEDの抵抗はいくつでしょう?

と考えても答えはえられません。

LEDの端子をテスターで測ろうとしても、抵抗は無限大になっています。

これはLEDに流れる電流は非線形といって、オームの法則に従わないからです。

簡単にいうと、LEDは大きな電圧が掛かったとき、より抵抗が小さくなるからです。

テスターというのは、極小さな電圧を印加して抵抗を測っています。

ですから、実際に使用するときと比べて、大きな抵抗が観測されているのです。

LEDの抵抗については、話がむずかしくなるので、

とりあえず、どれくらいの抵抗をはさめばいいかだけを調べます。

「LED 計算 」などでぐぐると必要な抵抗を計算するページが出てきますのでこれを使います。

今回の場合は

5Vを入力し、2Vで使い、20mA以下になるようにする。

150Ωと計算されます。

手元にある抵抗は、200、3k、100kなので200を使いました。

抵抗が大きければ電流は小さくなるので、150Ω以上ならよいのです。

ただし、抵抗が大きければ電流は小さくなるのでLEDは暗くなります。

これで、明るさを調整することもできます。

このように、LED(その他のICなどのパーツ)やArduino自体も過電流には注意が必要なのです。

だから、電気製品の基盤の上にはたくさんの抵抗がついているんですね。

Amazonには抵抗もあるんですね。↓↓

【PLOVER】 カーボン抵抗 炭素皮膜抵抗 1/4W(0.25W) 許容差±5% オリジナルセット 1Ω~1MΩ 37種類 各20個(合計740個) ユニバーサル基板付き PR-203

■ソース

http://www.zg.em-net.ne.jp/~sn123456789/151031.txt