読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング素人のArduino

技術屋の末端。プログラミングは専門外。 電気回路も専門外です。 コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 VC#始めました。

自動水遣り装置回路

先日までに作った回路です。

これまでに、ブログに書いてきたことの足し合わせです。

タクトスイッチはPin2に接続。

タクトスイッチの読み取りは、何度も使っていますが、考え方としては、スイッチを押していないとき、読み取りピンが抵抗を介してGND、スイッチを押すと、5Vに繋がる、と考えます。

土壌センサ、(土壌抵抗測定端子)はGND側につけて、測定端子のプラス側に基準抵抗(ここでは67K

Ω)をはさんで、5Vに接続。基準抵抗と土壌抵抗測定器のあいだの電位をdiditalReadで読みます。

ここで、土壌センサに入力する5Vとタクトスイッチに入れる5Vは同じものです。

同じでいいのか、何かおかしいような気にもなりますが、問題はもちろんありません。

なぜか??

これは、5Vに繋がっている端子は、常に5Vであり、GNDに繋がっている端子は常にGND(0V)であるからです。(土壌抵抗が変わっても、タクトスイッチの状態が変わっても変わらないはずです)

回路に異常電流が流れるようなときは別です。

NPNトランジスタは、ベース入力として+電位を入力し、ベース電位ONのとき、リレーON。

土壌抵抗の検知結果を知らせるLEDはA1~A3に接続しました。

現在、自動水遣り装置は実際に運用中ですが、今度は動作Logを取ることを考えてみようと思います。