プログラミング素人のArduino

技術屋の末端。プログラミングは専門外。 電気回路も専門外です。 コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 VC#始めました。

Visual Studioでpython

Raspberry Piの "Pi" はpythonの "pi" だとか…
ラズパイでプログラミングするためにpythonを使おうと思います。
ラズパイ上でコーディングするのは大変なので、windows上にpythonの環境を構築します。
windows上でコードを作成しラズパイに転送し実行することを目指します。

実はVisual Studiopythonプログラミングができるらしいです。
↓はVisual StudioでのPython設定がインストール済んだところですが。
ここまでは、Visual Studiopython プロジェクトを選択することで、インストールできます。
f:id:s51517765:20170915194134j:plain

ここで、簡単なプログラムを書いて実行してみると、何かErrorになっています。
実は、python本体はインストールされていないようです。
pythonの環境はインストールされたが、python自体はインストールされていないということみたいです、ややこしい。)
f:id:s51517765:20170915194237j:plain

一番上のLink ”Download and Install Python”を選択すると、
このような画面が現れて、pythonのインストールができます。
64bitのPCなのになぜか32bitですがいいのだろうか?
f:id:s51517765:20170915194321j:plain

これでも、まだpythonは動きません。

Visual Studioのメニュウーの 表示¥その他のウィンドウ¥Python Environmentsで Custum を選択しCustumを開き、環境を設定します。
f:id:s51517765:20170915194812j:plain

このような感じで、pythonのpathを設定します。
f:id:s51517765:20170915203306j:plain
applyします。

Python Environmentsで新しく作られた環境を、”Make this the default environment for new project ”をクリックします。
これで、Visual Studioを再起動すると、pythonが使えるようになります。

Visual Studioでpyhthonを開発することで、Debug modeのブレイクポイントも使うことができますし、
予測入力も使うことができます。

ライブラリのインストールはPython Environmentsからpipを選択し、検索します。
f:id:s51517765:20170915210908j:plain

これでひととおり使えそうです。

ちょっと、簡単なプログラムを作ってみましたが、

import datetime

をわすれて、datetime classを使おうとすると、実行して初めて、例外が発生します。

#import datetime   #ここをコメントアウトすると
print("Test_python")
for i in range(10):
    print("Test_python"+str(i))
    if i==5:
        ntime = datetime.datetime.today()  #ここで例外が発生する
        print(ntime)
        print("No = 5")

構文エラーの検知機能がないようです。
これでは、便利さが半減なので”pylint”というエラーチェックツールをインストールします。
これもpipからインストールできます。
これでも、警告の出方が中途半端な気がしますが…。