プログラミング素人のArduino

技術屋の末端。プログラミングは専門外。 電気回路も専門外です。 コードに間違いなど見つけられたら、気軽にコメントください。 VC#始めました。

100円ショップのLEDライト

前から気になっていた100円ショップのLEDライトを分解してみました。

 

 

白色LEDが3つと光電池がついています。

光電池(ソーラーパネル)で動作しているのに、寿命がきて?使えなくなります。

光電池の裏に基板が付いていて、LEDとスイッチなどがついていますが、

 

ボタン電池がついています。

そういうことですね。ボタン電池の寿命がこのライトの寿命ということ。

 

ためしに電池をつないでみる(既存のボタン電池に並列に接続する)とLEDが付きました。

 

さて、そうなると、この光電池はハリボテなのかというと

分かりにくいですが、左が点灯状態、右が消灯状態です。

電気スタンドに近づけると最大6V(なにも接続しない無負荷の状態で)ぐらいの出力が出ています。

LEDが明るさが出ないのはもしかしたら、電流が少ないのかもしれません。

実質ボタン電池で動作しているようです。

 

ボタン電池と光電池が並列についていて、充電機能はないので、光電池が動くときはこの電力を使い、これがないときはボタン電池の電力で動作しています。

いちおう、ボタン電池の電圧が光電池に逆流しないようにダイオードがついているようです。

↑の写真の赤いリード線の先端。

 

おもな部品

LED 3

タクトスイッチ 1

ダイオード 1

ボタン電池 1

光電池 1

プリント基板 1